2013年12月2日

秋の九州ツーリング・1日目(別府~竹田~高千穂)



洋上でのアイソン彗星観察を目論んで4時半起き。5時頃から甲板に出ると当然風が強く冷たい。周りは暗いがフェリーの灯りと更待の月が明るすぎてそんなに見えない。北斗七星のとなりのラブジョイ彗星は双眼鏡でぼやっと見えたけど、肝心のアイソン彗星が出てきた頃にちょうど東の空に雲がかかり駄目だった。



8時35分に別府港到着。すぐに鶴見岳への登り。コンビニでアンパン1個とおにぎり2個を補給し、ピザまんとコーヒーで朝食。


別府の湯煙を下に見やりながらちんたら登っていく。天気は快晴。




ピークをすぎて県道52へ。気持ちのいい下り。途中の橋から由布岳が見事に見えた。
第一目的地の由布川峡谷。朝早くて誰もいない。曲線美。




もう一度県道へもどって庄内まで降りていく。直入庄内広域農道に入り、ふたたび登り。後ろには由布岳と鶴見岳。



永慶寺トンネルをくぐってからもう少し登り、展望ポイントで久住山が目前に。阿蘇も遠くに見える。





さすが山麓の広域農道。アップダウンの繰り返し。時間を見計らって予定どおり久住高原まで行ってるとまずいのではないか、と思えてきたので、途中で広域農道を離脱することにした。県道209で朝地へ向かい、竹田まで直行する。




竹田に12時半着。時間に余裕ができたので、高千穂への登りを県道8の崩野峠でなく、祖母山を抜ける県道7の尾平越でいけるのではないかという気がしてきた。これが後で大失敗につながる。

尾平越でいくなら原尻の滝ではなく白水堰堤を先に見に行く。玉来から川沿いの細い道。
ゆっくりと進んでいくと見えてきた。

白水堰堤到着。あのCMを見てからの念願がついに叶う。







水量は十分だが残念ながら逆光。観光客はまばら。「日本一美しいダム」という異名は伊達ではなかった。1時間ほど堪能して、自転車を担いで対岸に渡り、こちらもCMに出てきた音無円形分水へ向かう。




県道8で6連アーチの明正井路をくぐって緒方川沿いに原尻の滝へ。何気ない平地でいきなり川が落ちる大分のナイアガラ。



午後3時位に原尻の滝に付き、30分して出発。時間は大丈夫だと思っていた。なぜならなぜか原尻の滝から高千穂まで30kmと勘違いしていたから。実際には58kmもあった。

尾平方面へ10kmほど行ったところで尾平まで20kmの表示。ここで間違いに気付いた。そして空腹を感じ、朝コンビニで仕入れた補給食以外なにも食べてないことも思い出す。あ、これはやばい。



ライトは用意していたので日没は問題なかった。しかし尾平までも川沿いになだらかに登るのではなく、10%ぐらいの斜度で何度もアップダウンを繰り返す。ちょうど日没の5時頃に尾平に到着、空腹感が高まってきた。薄明の時間になんとかトンネルまで登ろうとするが、ついにハンガーノックらしき症状が襲ってきた。力が入らず、視野がせばまる。何度も足を止めるが回復するわけもなくつらい。

必死の体でトンネルにたどり着くと完全に日が落ちた。トンネルのところでメールの着信音がして携帯の電波が入ったことに気づく。ユースホステルに到着が遅れることを連絡。

キャットアイのライトは十分明るかった。幸いなことに高千穂側はほぼ登り返しがなく、一本調子で下っていく。道はせまく曲がりくねっているのでぶっ飛ばせるわけではなかったけれど。

上を見上げると素晴らしい星空が広がっていた。まだ月がでていないので真っ暗。

眼下に高千穂の町の灯りが見え始めてようやく助かったと感じた。午後7時高千穂ユースホステル着。


2013年11月26日

秋の九州ツーリング 準備編

半年放置のブログです。

前回同様、ANAの株主優待券の期限が近づいてきたので、1泊ツーリングを計画。
やはりフェリーで行って空で帰ってくるのが計画を立てやすいので、またまた九州へ。


テーマはノスタルジックでポエティックで有名な大分むぎ焼酎二階堂CMのロケ地。中でも特に白水堰堤に行ってみたかった。



フェリーで別府までいって、一日目に竹田を経由してユースホステルのある高千穂まで。二日目は通潤橋の放水にあわせて山都へ行き、そこから阿蘇に登って空港へ。阿蘇には二度自転車で行ったことがあるけれど、いわゆるラピュタの道をまだ登っていなかったので、そこを通るルートに、という基本計画。

面白そうな場所を探して、一日目は由布川峡谷から庄内直入広域農道を通って久住高原へ。そして原尻の滝、白水ダムから高千穂へ。



二日目は高千穂峡から通潤橋は決定として、阿蘇へ登るルートに清水峠を選択。草千里まで登るかどうかは行ってから決めることにした。




週末の天気が良さそうなので火曜にユース、フェリーと飛行機のチケットを予約。飛行機は残り2席で危なかった。


余談だけれど、さんふらわあフェリーのサイトを見ていると「弾丸フェリー」なる代物が。船で行って同日に船で帰ってくると往復10000円とか。弾丸ツーリングの計画したくなる。


週末はアイソン彗星が近日点通過前の最後の観察のチャンスなので、双眼鏡も持って行くことにした。着替えと電子機器・カメラ一式と一緒になんとか6リットルのバッグに詰め込む。一年で一番日の入り時刻が早い季節(冬至前後よりも今の時期のほうが早い)、ナイトライドがありそうなので「キャットアイの本気」と話題のライトを直前に購入し装着。


いつもより10分早く職場を出て、家に帰ってから南港ATCのりばへ。客室は当然二等雑魚寝。いざ出発。


2013年6月7日

九州山口ツーリング2日目その2、耶馬溪、天間高原から大分空港へ



中津駅ですぐに輪行用意して12:30、山国川ぞいに走っていく。

途中でサイクリングロードの看板があったので入ってみる。おそらく廃線跡。良い感じのトンネルがあったのでパシャリ。



気持ちいいサイクリングロードはすぐに終わってまた県道ぞいの道。ほどなく耶馬溪橋に到着。九州近代遺産といえば、数多ある石橋。その中でも代表的なもの。

そして青の洞門。ちょっと歩いて通ってみる。



川を渡ってまた県道に戻り、時間を計算。向い風でスピードがでておらず、ちょっとやばい気がする。県道44で宇佐方面へ。道が狭く、車も少ない走りやすい道。

桜峠を越えて下る。ほどなく2車線になったのでできるだけ飛ばす。

半分削り取られた山があった

宇佐IC近くのコンビニでもう一度計算。で、20km/hでOKだけど、向い風を考慮に入れるともう史跡めぐりしてる暇が無さそう。院内の石橋や安心院(←これも難読地名)の鏝絵などを見たかったのだが、わざわざ立ち寄る時間がない。

昼飯もコンビニで済まして再出発。安心院に入って延々と向い風、走ってる途中に石橋や鏝絵があればと思ったけど見当たらなかった。聳え立つ由布岳が見えてきた。

麦畑のむこうに聳える由布岳


だんだんと斜度がきつくなっていき、スピードも落ちる。ただ位置エネルギーを稼いでいるので逆に考えれば平坦よりもいいかもしれない。

南畑の集落
高原の雰囲気

南畑バイパスを登り切ると天間高原。牧草越しの由布岳を見たいがためにここをコースにいれた。小手吹牧場からの素晴らしい眺め。

小手吹牧場から伽藍岳・左と由布岳・右



ピークを過ぎて、大分自動車道沿いの下り。時間は予定通り16時ぴったり。こっから40km弱で大分空港。別府には下りずに日出JCTの手前で曲がって北へ。日出バイパスぞいに広域農道らしき下りの道があるのをコースに入れていた。

ただ、別府湾と鶴見岳・由布岳を見渡せるビューポイントの情報があったので、すぐには下らず経塚山方面を登る。日出ポケットパークという小さな展望スポットで期待通りの眺めだった。

日出ポケットパークより
別府湾と別府市内、鶴見岳の奥に由布岳のさきっちょ

引き返して、下りをぶっ飛ばす。平坦のスピードが出ない分、標高500mぶんの位置エネルギーを上手に使わなければ。広域農道は十分広い2車線で斜度8%前後。快調に飛ばす。

10kmほど下ってR213に合流。だいぶ時間を稼げたかな。

R213で杵築まで。向い風はやや弱くなっていたけど、疲れで30km/hはでない。

杵築城を過ぎてすこしいった所で県道404へ。風の強い海沿いの道より100mぐらいの登りなら山間部のほうがいい。

6時ジャストに大分空港到着。帰りの飛行機は6時55分。輪行準備10分、搭乗手続き15分として30分しか余りなし。もうすこし余裕を持ってプラン立てないと。

無事間に合った
ボンバルディアDHC8-Q400
ノコギリな佐多岬半島

飛行機であっという間に伊丹。伊丹からはバスで天王寺まで。

船・電車・飛行機・バスと陸海空輪行制覇。

2013年6月1日

九州山口ツーリング2日目その1・角島



2日目、前日午後8時30分という時間にチェックインしたのに翌日5時30分チェックアウトという。宿の人には迷惑かけました。

第一目的地の角島までは約30km、そっから下関駅まで50km、時間はたっぷりあるので油谷の先端、川尻岬までいってみた。引き返して川尻の集落へ。もしきちんと田植えされてたら見事な棚田だったろう。まあそれは部外者の勝手な見方。


前日から予想はついていたけど、南または東寄りの風が5mほど。角島までの30kmは追い風か横風主体だが、それ以降の行程はすべて向い風となることが予想された。でもまだまだ時間は余裕がある。


今回のツーリングの2番目の目的地、角島に到着。天気もいいので海の色も思っていた通り。風が強いのでさざなみが立ってるけど満足。カメラスポットから写真を撮って、ゆっくりしてから渡り始める。追い風で海の上を滑るようにすすんでく。これはきもちいい。


角島について、どうせならと島を一周する。南岸を通って角島灯台へ。


帰りは北側の広い道で。もう一度橋にでると当然強烈な向い風。ひいひい渡りきって時間を確認してはっとした。下関まで50km、乗る予定の電車までもう2時間半しかない。普通なら簡単だが輪行の用意に最低15分は見とかないといけない。向い風の海沿いの道。ちょっとやばいんじゃないか。

そっから延々と苦行。予想通り延々と向い風。25km/hを目安に漕ぎ続ける。

途中の珍名。読めますか?答えはぐぐってね。


写真をとる余裕も風景をみる余裕もなく漕ぐ。下関まで20kmの看板あたりでようやく大丈夫だと分かった。でも予定していた彦島や下関観光はパス。

結局電車の時間25分前に到着。ここから大分まで海岸沿いを走ってもそれほど気持ちよさそうな道はなさそうだったので、80kmを電車で、しかも小倉から特急ソニックでワープする。



JR九州の特急は豪華やなあ。