2012年2月26日

マッド・マッダー・マッデスト

週初めから風邪気味で鼻・喉がつらかった。熱はなさそうなのでもしや粉デビューかとおもったけど、どうやらただの風邪みたい。今朝もすこしだるかったけど、昨日雨の分走らないともったいない。いつもの十三峠へ、junさんとAながさんと合流。

水呑の道はいつもより1段重いギアで登ってみた。途中から体が急にだるくなってくる。息も切れるし登り切った所でへたりこんでしまった。ここで一気に体調が悪くなった。

トレイルに入ってもいまいち楽しめない。頭が回らずラインが見えない。反応が遅い。前日の雨で落ち葉がずるずると滑るというのもあるけど、ホームコースの楽しい下りも2本ともスピードが乗らず、まったりと終了。

ダブトラ道をへいこら登って尾根道から南下。いたるところどろどろどろどろ、すぐにタイヤが泥だらけ。でもリアのKenda NevegalはjunさんのMaxxis Rancheroよりグリップしてた。AながさんShwalbe Furious Fredは無茶だと思うw。乗鞍のMTBクラスで使いましょうw。木の根の張った登りのトライアルセクションを楽しむ。このころには体調はだいぶよくなっていた。風邪の最後の山だったのか、もしくはお二方に移したのか。(もしそうならごめんなさい)

休憩後、最後の下りへ。あまり行かないコースを選択。記憶があまりなかったけど結構乗れる緩めの下りだった。いきなりごつい石が出てきたり、ガレたりするけど、まずまず楽しい。ちゃんと整備すれば良いコースになりそう。

下りきって、ラーメン屋で昼飯。財布を家に忘れたのでおごってもらう。ごちそうさまでした。注文した炙りチャーシューメンはいまいちだった。

食べてダベってお別れ。自転車たちは泥まみれの勇姿。さあ洗車せねば。


0 件のコメント:

コメントを投稿