2012年3月2日

気になる4130CrMoフレーム

今メインで乗っているMTB、Ragley Piglet。去年の冬にCRCで衝動買い。もともとSingularの29erに興味があって、その日本の輸入元がRagleyも扱っていたので知っていた。でも今はSingularへ注力してるようでRagleyはほとんど放置状態。

あとで知ったのだけどRagleyはBrant Richardsというさる筋では有名なバイクデザイナーが興したブランドらしい。以前はOn-One(PlanetX)でデザインしたたんだけど、Ragleyを興して、今またOn-Oneに戻ったそうな。BrantもRagleyは放置?。

まあそれはいいとして、4130とは自転車に使われるクロモリ鋼の規格(ANSI規格、JISならSCM430)でもっともポピュラーなもの。Reynolds 853 とか True Temper OX とかいったブランド名ではない。ようするに普通のクロモリということ。そういうプレミアをつけてないから基本安い。あとはバイクのデザインが肝となる。

自分の乗り方(自走>林道登り>トレイル>DH>自走)にあったものをということで選んだのがクロモリHT。DHでバンバン飛ばすのでなければフルサスは要らない。下りで楽したいのでヘッドアングルは68度ぐらいに寝かしてほしい。なぜかFox Talas R 2006が手元にあったのでフロントサス120mm設計はぴったり。そしてGary FisherのGENESISジオメトリじゃないけど、トップチューブが長く、短めのステム推奨というデザインが最後の鍵になった。Pigletは17inchのくせに水平換算TTが607mmもある。

Pigletを買ったあと同じようなジャンル(オールマウンテンクロモリHTとでもいうのかな)のバイクをいろいろ探した。Pigletも気に入ってるんだけどいかんせんグラフィックがしょぼい(ほんとはグリーンが欲しかったけど売り切れだった)。見ているうちに替えたくなってくる。

UK Design CRCで買えるのが多い。安いし。

Cotic Soul
今一番気になるバイク。メインがReynolds 853、ヘッドチューブが630、シートステイがカスタム4130という凝った造り。ダウンチューブのブランドロゴがかっこいい。ただヘッドマークが残念。昔は輸入してるところがあったみたいだけど今は不明。手に入れるなら直接交渉するしかないかな。

NS Bikes Surge
4XやDJが主力のブランド。Societyってモデルが良かったんだけど無くなった。シンプルでモダンなグラフィックがかっこいい。ちょっと重めでハードなライディング向け。完成車はCoreという名前でグラフィックが違う。

Ragley Blue Pig
Pigletの兄貴分。サスは130-150mm。設計は二代目になって、ブレーキ台座がチェーンステイに移動した。True Temper OXを使ったBlue Pig Xというモデルもある。

On-One 456
安い。188£。セールで更に安くなる。456とは4inch(100mm)から6inch(150mm)までのサスが使えるということ。最近456EVOというさらにヘッドアングルが寝たモデルが出た。


Stanton Slackline
新しいブランドらしい。メタリックなカラーがかっこいい。Reynolds853使用。

Curtis RaceLite 26
DJ・4X系で有名なブランドらしい。4130じゃなくてT45というクロモリじゃない鉄フレーム。


US or Canada Design ノースショアライドの本場、フリーライド系


Chromag Aperture
言わずと知れたクロモリHTブランド。欲しい!台湾製造で(Chromagにしては)安い。Kamui・Sakuraもいいけどお値段が…

Transition TransAm
シンプルで機能的なデザイン、なんか本当に速い人が乗ってそうなブランド。

Cove Handjob
髑髏のヘッドマークがノースショアっぽい。昔からあるモデルだけどいろいろ改良されているらしい。色が豊富に選べていいね。昔はColumbus、今はTange Prestige。サスは短めの100-120mm推奨。

Rocky Mountain Blizzard LT
クロモリHTの名車、憧れのメイプルリーフ、Blizzardのロングサスモデル。4130のくせに高い。しかしロキマン29er完全移行ですぐに無くなった。ノーマルBlizzardも無くなった。ロキマンのURLってwww.bikes.comなんだ。なんかムカつくw。


Japan Design "日本の里山にピッタリの"という謳い文句が多いね(毒

Unauthorized 33rpm
ダイヤテック企画のブランド。一昔前に結構流行ったみたいだけど今はもうない。探せば在庫処分があるかも。Inspirailとかいう鈴木雷太プロデュースブランドに移行するもそれもぽしゃったのかな?

Dustee Revolver
MTBDHライダーにてMTBパーツ卸peakの塚本岳さんプロデュース。結構いいかも。



以上色々ならべてみたものの、時代は29erなんだよねえ。
上のメーカーならCotic Solaris、On-One Inbred、Transition TransAm 29、あたりかな。

(追記)
さらに探して気になったやつ
Genesis Latitude
Reynolds 853なのに結構安い

3 件のコメント:

  1. 初めまして、Ragley Pigletの情報収集していたらこちらにたどり着きました。

    NS BIKES Societyを手放してしまったのですが、遊べる里山バイク用にフレームを探していたらRagley Pigletが候補にあがりました。情報が少なくて購入まで踏ん切りがつかないので、もし宜しければ乗り味のど教えて頂けたら幸いです。
    当方、身長170CMですがサイズも14or16インチで悩んでいます。

    当然で申し訳ありませんがアドバイスお願い致します。

    返信削除
  2. 匿名様、
    当ブログ見ていただきありがとうございます。

    私自身MTB歴も浅く乗り味のインプレなどおこがましいのですが、それまで乗っていたアルミのハードテイルXCフレームにと比較して下りは楽しく登りも苦になりません。

    トップチューブが長く、その分サイズの割にホイールベースもだいぶ長くなり安定しています。でも取り回しが鈍いかといえば全然そんなことは感じません。

    NS Societyで16inchを使っていたのなら同じ16inchでいいのではないでしょうか。短いステム推奨のよく似たジオメトリです。(チェーンステイはPigletのほうが長いですね)

    パウダーコートのはずの塗装は弱く、はね石ですぐに削れてます。値段相応です。フレームの精度は気にせず(フェイスタップもせず)組み上げましたが特に問題は感じませんでした。

    ブログでも自転車紹介をしようと思いますのでまた気が向けばのぞいてください。

    返信削除
  3. 初めまして、Stanton Bikes Slackline 853 乗ってるまつおと申します。
    お持ちの Ragley Piglet も塗装がはげやすいのですか。Slackline も跳ね飛んできた石でダウンチューブやらシートステーやら、あちこち削れています。
    ツアーで出会った方で、もう5年も乗っている日本の鉄フレームなど、ほとんど目立った塗装落ちはありませんでした。
    はげやすいのは UK ブランドフレームの特徴なんですかねえ。

    返信削除