2012年4月9日

安楽トレイルのちアドベンチャー

ブログ更新、サボりまくり。
先週走るのをサボったせいもあるけど、自転車ネタばかりじゃなくてもいいのに。

ということで宝塚周辺のトレイルを実走調査。8時すぎにpiglet出動。いつものルートで武庫川沿いをのんびり走る。

しかしここで後輪がぷしゅー。チューブレスでの初めてのパンク。タイヤを外すとなかには当然シーラントが。拭くものがないので手袋でぬぐう。教訓、シーラント入れてる時はティッシュを持ってくること。チューブレスからチューブドに変わってやっぱり転がり抵抗が増えた感じがする。気のせいか。ロードノイズも変わった。
修理完了

宝塚から176を登り、住宅地の裏からトレイルへ突入。ちょっと進むとなんとも安らかなトレイルになった。アップダウンがほとんどなく、ちょっと面白みにかけるというのは贅沢か。

安らかなトレイル
ひたすら平坦

道は最高にいいけど、落ち枝がおおく、しょちゅうフレームに巻き込む。まったり進んでいくと、この前の宝塚ライドで通った池に出てきた。そこからはこの前の逆走。ただ、この前には行かなかったHJ岩を目指す。
発破箇所w

登りだった前回とはちがい下り基調でらくらく分岐に到着。そこからHJ岩へもすぐだった。この前も寄っておけばいいブログのねたになったのにね。
新兵器によるパノラマ撮影
ということで記念撮影。残念ながら風は弱く自転車は倒れませんでしたw。
ん、なんかあるなw
拡大

更に拡大w
ここは怖くて自転車から1m以上離れられなかった
ついでなので先っちょにも行ってみる
ハイカーさん、すごいところで昼飯
もういっちょ、60m落下とかシャレならんw

ロッククライマーが登ってくるかとちょっとの間待ってたけど来ないので退散。ちょっと道を引き返して、このまえのルートを逆走。あっという間に下り終わった。

そこからはもう一つのルート調査へGPSを見ながら適当につなぎ区間を探す。芝生の林道を通るとさっきのHJ岩が目の前に見えた。適当に点線のトレイルを探すと旧丹波街道という標識があり、そこを通ってみる。
林道から見たHJ岩

旧丹波街道はふつうのダブトラで面白くもなんともなかった。そこからM山ダムを通って林道を登り、次のトレイルの入り口へ。電波塔の裏からスタート。
電波塔

最初の尾根沿いはアップダウンで思ったよりも下ってなかった。やっぱり人が通っていないぶん落枝や倒木が多く、期待したより快適には走れなかった。

三分岐地点
途中で3分岐で鋭角に曲がり、尾根をはずれる。そこから下りなのかなとおもったけど途端に道がわかりづらくなった。GPSの破線を参考にいくけど、そのままいくと谷におりていくようだった。目印のリボンはあるけど引き返す。破線を外れて道なりにすすむと、こちらも道がくずれ、谷に下りていく。

リボンを目印になんども行ったり来たりしながらようやく事前情報にあった渡河地点に到着。じゃぶじゃぶと足を濡らしながら渡って、そこからはゴルフ場の脇を通るルート。ゴルフ場の敷地を示すロープに沿いながら走っていくが、さっきの道迷いで気力がそがれ、ひたすら押していく。つらい。
やっと尾根のトレイル

ようやくゴルフ場の脇を外れ、尾根沿いにはいりやっと快適な道に出た。ただその道もすぐに終了。関電の目印を頼りに最後の下りをさがす。下りがきつくなるのは予想通り。担ぎ下りも覚悟していた。ただ、予想していなかったのは道の状況。シダが生い茂り、もうほとんど道がなくなる寸前。かろうじて目印のリボンが見える。斜度もどんどん急になっていき、ほぼ崖状態で歩くのも困難。つらすぎる。ほとんど自転車をほり投げながら下って行き、なんとか道路が見えてきた。見えてもなかなか下りれない。ひー。

あとちょっとで道路
やっとのことで出口に到着。最後も自転車を下にほおり投げて下りる。ふううう。
生還

さーっと車道を下り、武庫川沿いでまったりと帰る。17:30帰宅。

0 件のコメント:

コメントを投稿