2012年10月30日

東北2大スカイライン&JC観戦(1日目その2)

エコーラインの鳥居をくぐらず、そのままR457をまっすぐ行く。なんとなく青根温泉から紅葉台、峩々温泉のルートのほうが景色がよさそうだったから。しかし青根温泉について県道255に入るとすぐに通行止めの看板。紅葉台まではいけるとあったがもうちょっと早く指示して欲しかった。自転車なら大丈夫なぐらいだろうと自己責任でそのまま突っ込む。


紅葉台のところでゲートというか封鎖してあった。しばらく迷っていると峩々温泉側から歩きの人がやってきた。状況を聞くと車でも通れるぐらいだとのことで行かせてもらう。

烏帽子岳の山麓が綺麗に見えるが麓はまだ紅葉には早かった。峩々温泉まで下りていくところは落ち葉で路面が見えない。穴とかにはまってリム打ちとかしないよう慎重に走る。


峩々温泉からエコーラインへ合流する路は斜度がきつかった。


エコーラインに合流して登っていく。何度もつづら折りを繰り返すとだんだんと後ろ側の景色が広がって仙台平野と太平洋が見えてくる。周りの木々も色が濃くなるけど色味はちょっとくすんだ感じ。


賽の磧まで登ると森林限界を越え仙台平野の大パノラマ。そして蔵王の刈田岳・熊野岳が目の前に見えてくる。駒草平で自転車を置いて散策。深い谷が荒々しい。かなり寒くなってきたので上に秋用の長袖を羽織ったけど、風が強かったのでさらにウィンドブレーカーを着る。



大黒天でも写真を撮ってからほいほい登っていくと蔵王ハイラインの入り口で最高地点。ハイラインは自転車不可(走れるのは蔵王ヒルクライムレースの時だけ)なのでそのまま少しだけ降り、お釜リフトの駐車場に着く。せっかくなのでリフトで刈田岳まで登る予定。


リフト往復760円。10分ほどで上まで。少し歩くと前にお釜が見えてきた。寒い。気温5度ぐらい。風がつよい。冬手袋をつけ、レインズボンを穿いて寒さをしのぐ。


朝は天気が良かったが、蔵王は雲が立ち込めていた。1700mの刈田岳まで10分ぐらいでつく。お釜の眺めはこちらからの方がいい。時折日が差すとさっとエメラルドグリーンに色が変わる。エコーラインの向こう側には仙台平野と太平洋。反対側は米沢盆地の奥に飯豊連峰とちょっと北側に朝日連峰。



あまりに寒いのでハイライン駐車場のレストランで肉まんを補給。リフトの下りは動けない分さらに冷える。そのままの格好でダウンヒル開始。2車線で車はそれほど多くなかったので飛ばす。


あっという間に坊平・猿倉のスキー場を過ぎ、さらにあっという間に上山まで下りてきた。標高差1400mを一気降り。もったいないw。気温はたぶん10度近く上がり防寒着を全部脱ぐ。(続く)



0 件のコメント:

コメントを投稿