2013年1月28日

ダイヤモンド山へ


1/27、nob-pさんを誘ってMTB、始めはいつものところを予定していたけど、気が変わって雪のダイヤモンド山へ。15日の大雪がまだ残っているとのこと。

pigletのフロントフォークのTALASがちょっと前に盛大にオイル漏れした。右レッグだったのでブレーキにかからなくてよかったものの、使い続ける訳にはいかない。

とりあえず手持ちのREBA TEAMに交換。120mm設計のpigletに130mmのTALASを差していたのだが、100mmのREBAになってジオメトリが変わった。ハンドルはクイックになったけど、サスの懐深さがやっぱりぜんぜん違う。ストローク全部を使いまくるFOXとちがってROCK SHOXはストロークの奥のほうがやたらと踏ん張る。いままで簡単に出来てた近所の公園の階段登りが出来なくなった。

AM系ハードテールが、無駄にトップチューブの長いXC系ハードテールに変わった感じ。

待ち合わせ場所から長い長いアプローチを経て峠から林道へイン。すれ違うハイカーさんたち全員に「滑らへんの?」と聞かれる。もちろん氷ならすべるけど踏み固められた雪なら大丈夫。


雪がないときに比べてガレが埋まってる分格段に走りやすい。まるで舗装道路。トルクかけ過ぎるとすべるからゆっくりと登る分、脚も自動的にセーブされる。


林道終点から担ぎ上げ開始。nob-pさんはソールの固い靴だったので苦労していた。担ぎ上げて尾根に出てみると残念ながらこのルート名物の霧氷はほとんど無かった。


乗ったり担いだりで山頂手前の大◯岳ピークへ。ここはちょっと綺麗。


山頂小屋の横からK見城跡に出てみると予想通りわんさのハイカーさん。記念撮影をして小屋でヌードルをすする。


下山はハイカーさんの手前、ほとんど押し。結局登山しにきたようなもの。乗ってブレーキかけると鳴きまくって谷に響き渡るので、すごく後ろめたい。凍ったコンクリの道はnob-pさんの靴にはやさしくなかった。

国道からいつもの林道でふたたび尾根へ。そこからはアップダウンの繰り返し。良い感じなんだけどちょっと単調で飽きてくる。途中出てくるマルタ会談丸太階段は難易度が低く乗って登れる分、脚に来る。尾根を突き当たりまで乗ってからトラックバック。きつ目の丸太階段の下りで端を通ってたら脇から伸びてた枯れ木にハンドルが当たって前転。見えてないなあ。

当初予定の下山コースを通りすぎてしまって、もう一度引き返す。すみません。下山コースはこの尾根から下りる中では一番乗れるルートだけれど、K電道じゃないので上の方はちょっと荒廃がすすんでいた。整備出来ればいいのになあ。

最後に舗装路をちんたら登って下って河内長野でnob-pさんとお別れ。お腹がすいたので帰路の途中ラーメンをすする。

まあ、フォーク交換したけど普通に下れた。さてTALASをどうしようか。

2013年1月17日

Y田引きずり回しの刑?



16日、振休がとれたのでEWのY中さんの誘いをうけてY田MTBライド。
miyagiさん、O村さん、そして現シクロ女子チャンピオンのM内さん。

9時に法輪寺に集まって、コースイン。はるか昔MTBをはじめた頃にシルベストの練習で登ったコース。当然この面子だと一枚岩の難所をクリア。M内さんと私は何度も挑戦するけれど出来ない。以後おなじように登りのトライアルセクションをことごとく失敗。でもなんどか挑戦して登れた時の達成感は自転車はじめたころの感覚。


ただ下りは随分ましになったと思う。ちょうど一年前前転して肩甲骨を折った箇所は、いまみるとそんなに難しくは見えないが、私のこともあったので無理せず降車するセクションになったそうだ。


そして午前から午後までとにかく色んな所を走った。いつもは下るだけのトレイルをとにかく全部登る。ついには脚が売り切れて最後の登りでM内さんにも置いて行かれるモード。近年ロングとか走りこんでないからか、エンデュランスの力がめっきり落ちてる気がする。


Y田のトレイルもいろいろ教えてもらったし中身の濃い一日、へろへろと大和川沿いを自走で帰るのも乙なもの。

2013年1月13日

近場トレイル探索・・・失敗



13日、近場のトレイル探索におもむく。一人になったので昼飯を食べてから12時前に出発。いつのもみずのみではなくおんじ越で登る。段差を全部クリアするという目標を立てた。2・3度再トライするところはあったけどなんとか全乗り。

縦走路でちょっと北上し、SG山へ向かうトレイルへ。SG山の頂上へ続く林道に合流したところでついでなので頂上へ。



奈良側、大阪側ともに靄がかかり水墨画な雰囲気。

林道を下りてフルーツロードに合流。で、今日のトレイル調査地点に向かう。まずは登りから。入り口に火の用心の看板があったので鉄塔を目指す。鉄塔までは道があるが、上から続く尾根の道は廃道だった。

そしてフルーツロードを挟んで下り側の道、最初はマシなもののどんどん藪こぎに。道自体もダブトラであまり面白くない。

舗装路にでて適当にトレイルを探すも成果なし。のどか村までちんたら舗装路を登る。

で、最後に昔ちょくちょく行っていたDHコースへ。最近やたらと噂を聞くようになったのでどんな感じに整備されているのだろうと見に行った。

で、行ってみると昔とは段違い。いくつもの分岐に別れ、完璧にDHコースができてた。2mのドロップオフとかまじビビったし。(もちろん飛んでません)




途中いくつもジャンプ台がでてくるけどコース分かってないからほとんど飛べない。まあ全然スピード出せてないんだけど。

最後に出口にこんなのが。



はい、承知しました

2013年1月7日

北摂遠征



1月5日、ta2daさんに是非にとお願いして車で北摂遠征!駐車場を探してうろうろしたけど、集合時間にきっちり到着。

Yぴかわさん、WAHEIさんアテンドで総勢11名。こんなにたくさんで走ったのはいつ以来。

去年にも一度走ったけど、その下りの楽しさは中毒になる。登りも担ぎ・押し0でループできるというウラヤマしーコース。

ただGeniusのリアサスがエア漏れしてるようで、ボトムをこつこつ。気になり始めるとしかたがない。ネガティブをすべて抜いてなんとかいけそうなレベルに。

楽しいDHは去年よりも全然怖くない。フルサスのおかげか、スキルが上がったのか。

だだをこねて都合3度くだりました。そのため帰りは自走。前回、適当にまっすぐ南下して千里丘を越えさせられた教訓から箕面まで一度もどって天竺川ルートで南下。これだと楽ちん。

こんどは南大阪の山にみんなを招待したいです。

SCOTT Genius RC30 出動


サスペンス劇場に使えそうな見事なつらら

毎度のごとく更新がおそいですが。。。

1月4日、ta2daさん、nob-pさん、junさんといういつもの面子でいつものお山遊び。
ただ、元旦に整備したSCOTT Genius RC30で出動。


ぺらぺらのアルミフレームでフルサスなのにpigletより軽い。
リモートでリアサスのロックアウトができるのだが、調子が悪くロックアウトしない。
おやまに入ったら関係ないからいいか。

ハンドルを交換してポジションを変えたおかげか以前より楽にみずのみを登れた。トレイルにインしてまずはSKトレイルを途中で分岐して周回ルートへ。岩田2号さん、利さんが同じくSKトレイルに向かっているということなので、峠まで迎えにあがる。

峠手前で無事合流。そしてSKトレイルへ向かう途中、利さんがパンク。最近エアゲージを持っているのでリム打ちしないよう2barに設定してあげる。

SKトレイルを気持よくDH。フルサスだとなんとなくリアが心許なくて気持ち悪い。そして前回と同様、ジャンプ台を飛んですぐの右コーナー、オーバースピードで前輪を滑らせて1コケ目。学習してないな。

SKJで岩田2号さん離脱。5人でいつものY田へ向かう。その途中再び利さんパンク。こんどは突き刺し。新年早々パンクの神様働きすぎです。Y田突入の前に昼飯ラーメン。

Y田からはいつものロングトレイル。MTB3度目の利さん、どんどん下りが早くなる。聞けばスキーをされていたそうで納得。

Y田の次はSG山越えて最後のDH。途中でつるを豪快に巻き込んだり、いままで降りてた下りを突っ込んで前転したり。

行き帰りの平坦入れずだと40km少々。で2000mの獲得標高。フヒッ。


2013年1月3日

シクロ練



YW EWの人に誘われてシクロ車でMJ山

集まった人たちは関西シクロM1の人たちばかり(ガクブル
シクロ女子日本チャンピオンまで。

でも、MJ山はシクロの練習には向いてないような。
自分には勝手知ったる下り、シクロ車でなんとか乗って降りました。
他のシクロのみなさんは面食らってた模様。

と、思ったら頂上でトレランはじめるし。
ちょっとランはご遠慮させてもらいました。(ペコリ

頂上から尾根の道はいつもはMTBで気持よく飛ばすところ。リジッドのシクロ車ではまたひと味ちがう新鮮な感覚。登りは担ぎが楽ちん。

里におりてから田んぼの地道でシクロの練習。決められた場所で飛び降り飛び乗りの練習。担いで登り練習。久しぶりに練習らしい練習を体験。堺シクロ仕事で出れないけど。

ファミレスで昼食のあと解散。もう一度MJ山に登って一人でもう一度尾根道を走る。2度3度転がってサドルで急所打ちました。つぅぅ


2013年1月1日

新年明けましておめでとうございます

去年1月よりはじめてみたブログですが、1年たちました。ものぐさな自分にはやはり荷が重かったのか3ヶ月ほったらかしにしたり、更新も滞りがち。ちまたのブログにはおよぶべくもなく、ただただ自己満足のものになっています。

今年は・・・たぶん変わらないでしょう。ちょびっとずつ頑張っていきます。


ちなみに元旦にしたこと。

・起床。
・新年の挨拶。
・pigletのリアブレーキエア抜き。
・前日の泥まみれで動きの悪くなった如意棒joplin4の分解清掃(ただし改善せず)
・フルサスgeniusの整備。
・ハンドル交換。
・長さ足りなくなった前ブレーキホース交換。
・ブリーディング。
・シクロ車を押し入れからだしてくる。
・genius試乗。近所の公園でバニホ練習。

なんじゃこら。


大晦日どろんこ遊び(裏山しい)

30日に予定していたYぴかわさんアテンドの裏山トレイル遊びが案の定雨で延期、あけて31日大晦日に強行されました。面子はYぴかわさん、junさん、利さん、こーたろーさん、そしてスペシャルゲストのSB斜度マンさん。そろいもそろって大晦日になにやってるんだか。

私からのたってのお願いで自走ではなく車でデポ。junさんありがとうございます。

Yぴかわさんちから坂をひょいと登るともう入り口。(裏山しい)


階段を30段のぼってから、TW山への登り。ぎりぎり登れる絶妙な斜度。しかし前日の大雨で基本ぬたぬたずるずる。なんども失敗。たのしい。(裏山しい)


TW山からはぼちぼちな斜度の下り。ぬたぬたで前輪がグリップしない。ちょっとでもハンドルを切ると前輪が滑ってこける。トレイルを掘りながらずざーっと下る(すみません)

きつい箇所を越えると目的地のトレイルコースまでゆるやかなアップダウン。ハイカーの気配は全くしない。ほぼ全乗りで快走。途中バンプが整備されたつづら折れの下りがあったけど、ぬたぬたで攻めれない。(注・ぬたぬたじゃなくても攻めれませんすみません。)チョイがれの最後の下りをせめて、ほどなくしてトレイルコースまで。(裏山しい)


うわさに聞いていたHPトレイルはやっぱり素晴らしかった。みんなきゃーきゃーいいながらどろだらけで2周回。ジャンプ台でウィップに挑戦したjunさんが爆。(焚きつけてすみません)怪我なくてよかった。


MTBコースから離脱してシングルトラックでいったん里に出る。なんか色んな所によさげな分岐だらけ。開拓したくてうずうずする。(裏山しい)

林道で再度TW山をめざして登る。登る。登る。担ぐ。担ぐ。担ぐ。


最後に朝登ったコースをどっぱーんと下る。ここは最高。しかしリアブレーキのエア噛みがひどくなり、左コーナーでオーバースピード、人知れず正面の木に刺さりました。(うしろが追いつかない内にこそっと再スタート)最後の階段を下りてお疲れ様。

最後に大阪平野が一望できる住宅街の裏からデザートのトレイル。デザートとはいってもほどほどに長い下り。(裏山しい)


Yぴかわさんちに帰還。たったの25kmでトレイル満喫・堪能。まったくもって裏山しい。


洗車そして食事までいただいて、Yぴかわ夫妻にはただただ感謝。ありがとうございました。ほんとに楽しい大晦日でした。