2013年5月13日

蘭島、次の滝


5/12、あまりにも天気がいいので寝ているわけにはいかない。

清水の蘭島(あらぎじま)の棚田に水が入ったときいて、そこを目的地にしてプランニング。とはいえ出発は9時前になってしまった。

西高野街道で河内長野まで、紀見峠トンネルでビューンと橋本まで。

前日の雨で空気が澄んでいて気持ちいい。というわけで九度山から高野山方面に行くのではなく、天野を通って行くことに。県道109号の登りをほいさと登って丹生都比売神社に到着。ここらも田んぼに水がはいり、まさしく初夏の里山。


梨ノ木峠ではなくもちろん志賀トンネルでR480に合流し、ちょっと下ってから地蔵峠ではなくもちろん花園トンネルでR371に合流。全国に先駆けて鮎釣り解禁された有田川には釣り人がいっぱい。


川沿いを気持ちよく下って目的地の蘭島に到着。観光客がいるかなと思ったけどぜんぜんいなかった。ただ全棚田全部に水入れはされておらず半分ほど。休耕してるのだろうか。


再始動してすぐに二川ダムに到着。そしてもう一つの目的地、「次の滝」を目指して10%超の激坂を登る。大月峠。


峠には地蔵寺という雰囲気のある寺があった。そして峠から少し下ると谷を一望する素晴らしい眺め。こういう景色を見つけると来てよかったと思う。


下って標識からまたまた激坂を登って「次の滝」に到着。那智の滝の「次」に見る価値のある滝という意味だそうだ。落差46mの滝の周りが山に囲まれなんとなくファンタジーな雰囲気。


少し山道を降りるとすぐに滝壺に下りられる。そして滝の裏側にもいける。


裏見の滝を堪能してから自転車に戻って、帰り道を考える。もう目的は全うしたのでモチベーションはない。今まで走ったことのない県道18号で海南に行き、あとは適当にまっすぐ北上して紀の川を渡る。



雄ノ山峠から大阪へ。りんくうタウンで湾岸線に出てびゅーんと堺まで。大和川を渡る所でまたパンクしてしまった。



0 件のコメント:

コメントを投稿