2013年5月7日

飛鳥古道トレイルライド



5/4、とらちちさんを誘ってMTBラン。

どこへいきますか、と尋ねたら、飛鳥方面にいいトレイルがあると聞いたんだけど、とのお返事。家からはアプローチが遠いけどなぜかずっと前に行ったことがあったので、ご案内することに。

飛鳥まではとらちちさんのフィールドなので案内してもらう。けっこう飛ばす。

石舞台から登坂開始。尾根に出るまで3km近く10%越えの道。道路は綺麗でいい練習コース。

尾根に出てからも階段状に上がっていく。どんつきからトレイルイン。本居宣長が通った道という案内がある古道。ハイカーさんは皆無。

シクロでも行けそうなゆったりとした道を峠まで。そこから気持よく下って、分岐でいままで行ったことがない方へ。尾根を正直になぞるトレイルで20mほどのアップダウンの繰り返し。そして途中から100mほど落っこちる。

倒木も多くちょっと走りにくいけど、なかなか楽しめた。そして峠に出てから再び古道で下る。


もう一度林道で上まで登って、ここからはおすすめルート。展望台からは素晴らしい眺め。しかしながら、展望台より下のルートは明らかにオフ車によるU字型の轍で無残な状態。昔はこんなことなかったのに。MTB乗りが言うのもなんだけど、トレイルを潰していく走り方"しか"出来ないオフ車はほんとにトレイルに入らないでほしい。



下って、昼ごはん。おすすめのパン屋さんでコーヒーと一緒にいただく。名物のコルネもパイ生地もベーグルもとても美味しかった。ホットコーヒーを奢ってもらいました。



また川沿いの道で王寺に戻り、時間が余ったのでSG山に登ってJGDHをいっとく。またまた記録更新で29erの扱いにだいぶ慣れた感じ。26erもういらないかなw

ただし思わぬ損害が。


JGDHの最中にロックアウト用のノブがもげて失くしてしまった・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿